タグアーカイブ | 葬儀

葬儀の手順 葬儀・告別式

葬儀・告別式は、通夜の翌日の日中に行います。故人の死を悼む宗教儀式が「葬儀」、故人との最期のお別れの儀式が「告別式」です。
葬儀・告別式を「お葬式」とも呼びます。
かかる時間は規模によって異なりますが、開式からおよそ1時間から1時間半です。
前日の通夜を自宅等で行って葬儀・告別式を斎場で行う場合や、一日葬の場合には、祭壇・式場・受付の設営を行います。
斎場の葬儀で弔電の紹介をするので、受け取った弔電の確認と整理を行います。
電文を読み上げる弔電を選び、氏名だけを読み上げる弔電の順番を決め、会社名や氏名に間違いがないよう、振り仮名を打ってから葬儀社の担当者に渡します。
準備は開式1時間前には終えるようにします。
続きを読む

神葬祭や神式 葬儀について

一般的に葬儀や葬式といえば仏式の儀式が連想されます、しかしあまり知られていませんが実は神式の葬儀も存在します。
この儀式は神葬祭と呼ばれ、亡くなった方の御霊が鎮まる事と残された家の守護を祈願するといった内容のお祭りが執り行われます。
神式 葬儀とだけ聞くと耳慣れない言葉のため特殊な葬儀社にしか頼む事はできないと思われがちですが東京葬儀式などのように神葬祭に詳しい会社も多くあるため、まずは葬儀社に相談を行う事をお勧めします。
神葬祭に詳しい葬儀社を間に挟むことにより祭壇の準備などがスムーズに用意されるため遺族は亡くなった方を弔う事に専念ができます。
続きを読む