タグアーカイブ | 弔電

やむを得ず、葬儀に参列できない場合

葬式の連絡を聞いたら誰もが慌てて準備をして駆けつけていきます。
そんな場合でも参列が出来ないというときもありますから、その時には可能であればまず代理人を立てて香典を持参してもらいます。
受付に来たときには、どの人の代理できたのかを伝えてください。
香典を渡して記帳をする時には、代理人の名前ではなく本来参列する予定だった人の住所と氏名を記入して、小さく代理人の代を書き添ええておきましょう。

もしも代理人を立てるのも難しく、誰も参列ができないという時には取り急ぎとはなりますが弔電を打ちましょう。
出来る限り葬儀や告別式の前日までに喪主に送るようにしましょう。
喪主が分からない場合には故人の名前にご遺族様と添えて送って下さい。
電報会社の方で例文も幾つか用意されていますから、礼を失することのないように文章を考えましょう。
後日改めてお悔やみの手紙を送るなどしてお詫びをすることになります。

自分が参列できない場合には、急いでいるので電話をしたいと思う人が多いです。
身内や家族であればいいですが、それ以外だとやはり葬儀などの様々な準備などに追われて取り込み中ですから、なるべく控えましょう。
なるべく参列できることが望ましいですが、できない時もマナーを守って対応するように心がけて下さい。