神葬祭や神式 葬儀について

Pocket

一般的に葬儀や葬式といえば仏式の儀式が連想されます、しかしあまり知られていませんが実は神式の葬儀も存在します。
この儀式は神葬祭と呼ばれ、亡くなった方の御霊が鎮まる事と残された家の守護を祈願するといった内容のお祭りが執り行われます。
神式 葬儀とだけ聞くと耳慣れない言葉のため特殊な葬儀社にしか頼む事はできないと思われがちですが東京葬儀式などのように神葬祭に詳しい会社も多くあるため、まずは葬儀社に相談を行う事をお勧めします。
神葬祭に詳しい葬儀社を間に挟むことにより祭壇の準備などがスムーズに用意されるため遺族は亡くなった方を弔う事に専念ができます。

またこの他に葬儀に参列する方に神式 葬儀を行う旨を先に伝えておくことにより混乱を防ぐことができます。
仏式の葬儀との主な準備の違いとしてはまず数珠は必要ありません、次に仏式でいうところの香典の表書きは「御霊前」もしくは「玉串料」と記入します。
神葬祭にあたっては焼香はなく玉串をもって拝礼を執り行います、この際に拝礼方法としては忍手という方法を行い二礼二拍手一礼の拍手部分を音が出ないように手を打つ拝礼方法を行います。
以上の点を間違えなければ葬儀社の人間が次にどのようにすれば良いのか案内してくれるため迷う部分はほぼありません。
最後に神式の葬儀の隠れたメリットについてですが、あまり知られていない点として仏式に比べてコストが安いです。
これは仏式に比べて戒名料などが無い、または少ないために神職の方に支払う玉串料が単純に少ないほか基本的な料金がかなり安いためです。