家出人の捜索願いの出し方

Pocket

家族が家出をした場合、まず家出人捜索願いを届け出る必要があります。
平成21年から家出人のことを「行方不明者」、「捜索願い」のことは「行方不明者届」と呼ぶよう用語が変更されています。
まず行方不明者届を出せる人物は、「親権者・配偶者・後見人などの親族および監護者」「行方不明者の福祉に関する事務に従事する者」「雇い主など親密な関係を有する者」に限られています。
届出場所は「行方不明者の行方不明時の住所又は居所を管轄する警察署」「行方不明者が行方不明になった場所を管轄する警察署」「届出をされる方の住所若しくは居所を管轄する警察署」のいずれかです。
また、行方不明者届に関する必要な情報も揃えておく必要があります。
行方不明者の氏名、本籍、住所、職業、生年月日などをはじめ、身長、体重、髪型、服装、血液型、所持品などの身体的特徴なども把握しておいてもらうと本人の特定につながりやすいでしょう。
行方不明になった日時や場所、行方不明の原因動機、携帯電話の番号、車を使用したかどうかなど出来る限り詳細な情報が必要です。
行方不明者の写真もあるといいでしょう。
届け出る方の印鑑と身分証明証も必要になりますので、忘れず持参してください。