葬儀の手順 葬儀・告別式

Pocket

葬儀・告別式は、通夜の翌日の日中に行います。故人の死を悼む宗教儀式が「葬儀」、故人との最期のお別れの儀式が「告別式」です。
葬儀・告別式を「お葬式」とも呼びます。
かかる時間は規模によって異なりますが、開式からおよそ1時間から1時間半です。
前日の通夜を自宅等で行って葬儀・告別式を斎場で行う場合や、一日葬の場合には、祭壇・式場・受付の設営を行います。
斎場の葬儀で弔電の紹介をするので、受け取った弔電の確認と整理を行います。
電文を読み上げる弔電を選び、氏名だけを読み上げる弔電の順番を決め、会社名や氏名に間違いがないよう、振り仮名を打ってから葬儀社の担当者に渡します。
準備は開式1時間前には終えるようにします。

また、町屋 斎場では受付担当者も開式1時間前には来てもらい、葬儀社の担当者に仕事内容の指示をしてもらいます。
駐車場係や案内係など、その他の役割の人も、開式1時間前に来てもらうよう依頼しておきましょう。
開式の時間になったら、着席します。
祭壇に向かって右側に、喪主を筆頭に、血縁の順に座ります。
司会者が開式の辞を告げ、僧侶が入場します。
宗派ごとの式次第に基づいて、葬儀式が行われます。
弔辞・弔電の披露があり、順に焼香を行います。
僧侶が退場し、式次第が全て終了すると、司会者が閉式を告げ、引き続き告別式に移ります。
棺のふたを開け、供花を一人一輪ずつ入れてお別れをします。
棺にふたをし、石で釘を打って閉じます。
続いて、出棺です。
棺を式場から運び出して霊柩車に乗せ、喪主が会葬者に謝辞を述べます。
その後、火葬場に向けて出発し、会葬者は見送ります。