Pocket

マルチレベルマーケティングで集客するためには、ネットワークで口コミを広げていく必要があります。

そもそもマルチレベルマーケティングというのは、ある商品なりサービスなりを購入した人自身が、別の人を勧誘して同じ商品やサービスを購入するようにすすめ、その勧誘に応じて同じ商品やサービスを購入した人も同様に別の人を勧誘するというように、口コミや人々のネットワークを通じてその商品・サービスを広めていこうとする商法です。

いわば、ネットワークビジネスということもできます。

この方法の特徴としては、購入者自身が宣伝者となりますから、一般の商品やサービスのように広告宣伝費に多大の費用を投資する必要がないことです。
とはいっても、宣伝してくれる人もただ働きでは真面目に宣伝はしてくれないでしょう。

そのため、自分の宣伝により別の人がその商品・サービスを購入してくれれば、1回につきいくらというように一定金額の報酬を発生させることが普通です。

これにより、多くの友達を勧誘し、自分の宣伝によりその商品・サービスが多く売れれば売れるほど、その人にとってはお金儲けにもなります。
さらに、自分が直接勧誘した人だけでなく、自分が勧誘した人が勧誘した人、さらにはその先というように、自分から見て子にあたる勧誘者だけではなく、孫、ひ孫、さらにその先にいる勧誘者が購入した場合であっても、自分には一定の利益が得られることになるのです。

つまり、どれだけ多くの人を勧誘できるか、その集客率が物を言うことになります。
このマルチレベルマーケティングは、まさに今の時代、ネットワークで人々が網の目のようにつながる時代にあった商法ということができるでしょう。

ネットワークで口コミを広げるといえば、もちろんインターネットのSNSを思い浮かべる人も多いでしょう。
確かにSNSを通じてその商品・サービスの魅力を発信するというのは立派な方法です。
しかし、決してインターネットだけがその方法ではありません。

多くの人とリアルの世界でつながるということも非常に重要なのです。
多くの人が集まるイベント、パーティ、地域の会合などに出かけるなどはまさにその第一歩です。

さらには、そこで出会った人とまた別の機会、例えばバーゲンや旅行などで一緒になるというように、リアルの世界でもインターネットの世界と同じように網の目のように人々のネットワークを広げていくことがネットワークビジネスで成功する方法といえるでしょう。